上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01.jpg
どもども、こんにちは。紫穂ちゃん好き です。

まぁ、サンデーを毎回買ってると言うことなので感想を書かないと意味がないかなと…。

今回から書き始めることにしました。

ただ、忙しくて書けない日もあるのでそのときは宜しくです。


感想の前に…
なかなか進んでいない僕の皆本の家プロジェクト…。
理由は『考え中』です。
いやいやいや、理由を考えているのではなくて、ほらアレよ、ア・レ。
色を最初は塗る予定だったのですが、安っぽくなるから、様々な種類の紙を使って色をつけようかっどうかとか、ドアの設計をこうしたら、その後、あ~なるから…とか。結構作る物を決めてから迷うんですよね
まぁ、地道に頑張ってみますね。




それでは今週の感想

そ、その前に。今回絶チルがめっちゃ前に方にあってびっくりしました。まさかの3つ目とは…。


・四コマ漫画
①ユーリが偽りの『パパ』『ママ』と休日を過ごすことに『いいなー』と思うギリアム。
個人的にはこの四コマはギリアムの両親との関係を色濃く出してる物だと思うんですよね。おそらく、ギリアムには両親と呼べる存在がいなくて、悲しい日々を送っていたんだろうなと。だからこそ、ギリアムのこんな風になってしまったのかな? まぁ、わかりませんがね。でも、こういうのってよくありますよね。子供の頃に手を握ってくれる親がいなかったことで、人としての生き方が悪い方向に行くことって…。

②その偽りの『パパ』『ママ』である真木さんと紅葉さんの楽しい会話。
それにしても、真木さんって本当にかわいそうだ。ま、まさか禿のヅラをかぶらされそうになるとは…。それにしても、紅葉さんのハゲとかデブとかオヤジへのステータス、いつまで続くんだか…。

・本編
簡単に言うと、澪が皆本の家にやってきたので、葵と薫が皆本と一緒に逃げて、紫穂、バレット達は皆本の家に残り、澪がきてから、紫穂も両親の元に帰ると言って皆本の家を出る。その後、澪は葵のテレポート後をたどって、京都に…。それを察知した皆本達。葵だけを京都おいて、東京にいったん戻る。という話。あ~、長かった。

 それにしても、澪って意外とキチッとしてるなと思った。テレポーターだから思い切って皆本の家に一気に行ってもよかっただろうに…。まぁ、そこら辺はパンドラもキチッと教育してるってことなのか?
とはいえども、皆本達が澪が押したベルに出るはずもなく、しびれを切らした澪が怒って皆本の家に入るシーンはおもしろかったですね。
テレポートして、そのまま紫穂のパ●ツに向かってDive!!
その後のバレットとトイの反応が最高におもしろかった。いや、うちの中学校にも、あんな奴おったなぁ~と。
そして、紫穂が両親の元に行くことに…。苦しんでる澪はほっとかれて怒る、怒る、怒る!!!!
澪の部下(?)の桃太郎が、ココで本領発揮!!バレットとトイに襲いかか…と思ったら、バレット達にも作戦が!!
猫娘をイメージ化して、出すと怖がるモモンガ桃太郎。正直、桃太郎のショボさが浮き彫りになった~!!
 一方、京都に向かう、皆本、薫、葵。ただ、澪がおってくると思った皆本は緊急ホットラインで救助を要請。おっ、なんだなんだ?、バベルの特殊部隊?日本屈指の自衛隊?、それとも蕾見ばーちゃんの登場か?と思ったら…
真木さんからのメール。マ、マジかーーー!!!反則だ。こんなん反則だ。退場!! 退場ー!!
まぁ、そんな真木さんも忙しいらしく、目標に見つからないように瀬戸内海のパンドラの本拠地カタストロフィー号にくるよう指示。それにしても、カタストロフィー号ってこんなに縦に長かったんだ…。知らんかった。もっとずんぐりしたボディーだと思ってたわ。まぁ、それは置いとこう。
ただ、僕がわからなかったのはその後なんですよね。
薫の『要するにさぁ。澪は学校が休みなのに京介もいなくて寂しいんだよ。事情は話せないとしても、ただ、逃げるだけじゃ可哀想じゃない?』という発言の後、皆本がどきっとしてるんですよね。何でしたのかさっぱりわからない僕。わかる人助けて~!! やっぱ、こーゆー時に国語力がないって不利だと思います、はい。今から大学受験の方、勉強しましょう。
 結局、京都で降りた澪。葵が待ち構えていた…。そして…
02.jpg
コレは本当に面白かった。『ツイッターで言うたらめっちゃエライことになるんやでええー!!』いや、本当にそうだなと。確か、今年もセンターの試験でカンニングしたことを自慢げにツイッターにつぶやいた奴がなんか話題になってましたね
その後は完全に葵ペース。ってか、うはっ!!葵と澪の…以下略



じゃ、今日はこれぐらいで… ではでは^^
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです
皆本の反応って、皆本が逃げているだけだったから、どきってしたのか、その時の薫がかわいかったからかと思いましたが……

確かに何でなんでしょうね?

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sihotyann.blog66.fc2.com/tb.php/339-f0cfee09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。